<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.04 Wednesday  | - | - | 

ヒロセ通商のスプレッドはどのくらい開くか

私は普段、ヒロセ通商のLION FX(ライオンエフエックス)でトレードしています。

スプレッドが狭いのと、1000通貨単位から取引できるからです。

ドル円とユーロドルの通貨ペアをメインにトレードしていますが、LION FXだと両通貨ペアともに、スプレッドは1pipsとなっています。

完全固定制ではなく変動制ですが、下に書いてあるケース以外は、まず1pipsと考えていいと思います。


変動制なので、まず第一に重要指標発表時には、スプレッドがかなり開くこともあります。

そういうときには、高いレートで買い(安いレートで売り)をしてしまうことがあるので、そうならないように注意してレートを見ることが必要です。

たとえば、2011年1月13日の米国・週間新規失業保険申請件数の発表時のスプレッドです。

lion fx spread

かなり開いてますよね。ドル円、ユーロドルとも9pips開いています。

こういう場合は、少し待つと1pipsに戻るので、それを確認してからエントリーするようにしています。


また、朝方の参加者が少ない時間帯(シドニーとかウェリントン市場の時間帯かな?)では、2−3pips開きます。

でも、前述したように普段はほぼ1pipsなので、私はヒロセ通商を利用しています。


ちなみに、FXプライムのように、完全固定制のスプレッドを採用しているFX会社もあります。

よく見かけるのが「原則固定制」と書いてあるFX業者ですが、あくまで”原則”なので、「指標発表時などは、例外的にスプレッドが開くことがありますよ」ということになります。

FXプライムのように完全固定性だと安心してトレードでき、さらに指標発表時にも果敢にチャレンジできるので、トレードチャンスが増えますが、その分普段のスプレッドが少し広めになります。

スキャルピングをする人は、スプレッドが小さければ小さいほどいいと思いますので、「スプレッドは完全固定だけど、少し広め」というのは、スキャルにはあまり向かないのかもしれません。

このあたりは、スイング、デイトレ、スキャルなのか、自分のトレードスタイルに合わせて、どのFX会社でトレードするのかを決めればいいと思います。


ところで、スプレッドが狭いのと、1000通貨単位から取引できる以外に、ヒロセ通商の場合はキャンペーンがとてもユニークなので、それもすごく魅力的だと思っています。

結構、美味しいキャンペーンが多いのです。それで、今はヒロセ通商をメインのFX業者としてトレードしています。

ヒロセ通商のユニークで美味しいキャンペーンについては、また後日書きます。


■ヒロセ通商のスプレッド確認や口座開設は>>24時間受付!即日開設・最短翌日トレード可能

■完全固定制のFXプライムのスプレッド確認や口座開設は>>手数料0円&少額でできる1000通貨取引!■伊藤忠グループ・FXプライム■



人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:FX初心者
2011.01.22 Saturday 20:37 | - | - | 
<< テクニカル分析:ドル円の1時間足とフィットする移動平均線は? | main | FXトレード手法迷走中 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.05.04 Wednesday 20:37 | - | - |